Association for Flower Essence Therapy

ウェブ講座「フラワーエッセンス療法と心の庭」

Share

* インターネットに接続できれば、どこでも受けることができるウェブ講座です。Youtubeでの配信(受付完了後にお送りするURL)となります。お申込み受付期限は2014年2月末日です。3月5日まで何度でもご覧いただけます。

受付を終了しました。ありがとうございました。

ウェブ講座「フラワーエッセンス療法と心の庭」

以下の動画でこのウェブ講座の概要をご覧いただくことができます(↓)

【趣旨】
フラワーエッセンス(フラワーレメディ)は

1920年代の終わりから30年代半ばにかけて、

イギリス人医師 Edward Bach によって開発されました。

フラワーエッセンスの力は自然の恵みの力です。

その力を最大限に受け取るにはどうすればよいのでしょう。

フラワーエッセンスを長年使ってきた経験や、

植物観察を続けてきた経験を例にあげて、

フラワーエッセンスと植物の両方とかかわりを深めていくことの喜びや

フラワーエッセンスと植物の関係を具体的に語ります。

kokorononiwa

【構成】

第1回:パート1「フラワーエッセンス療法の木」

フラワーエッセンスの原点に戻って、そこからフラワーエッセンスを理解すると、これまでのフラワーエッセンスの捉え方や使い方がより実感のあるものにかわると思います。

フラワーエッセンス療法を一本の木にたとえると、その果実であるフラワーエッセンスの力を最大限に受け取るには幹や根を大切にする必要があります。その幹や根とは・・・

フラワーエッセンスと植物との関係を丁寧に解説し、実際の例としてミムルス属(モンキーフラワー)のエッセンスを五ぼう星で組み合わせて服用した経験をご紹介します。

補足情報

モンキーフラワー(ミムルス属)に共通するテーマとして「本能的な衝動(あこがれ)とその抑圧/それへの恐れ」というものがあるのではないかと考えています。
たとえば

●Purple Monkeyflower(紫)
自己の精神的アイデンティティを求める衝動
●Pink Monkeyflower(ピンク)
ハートを通して触れ合いたいという衝動
●Yellow Monkeyflower(=Mimulus 黄)
物質世界での経験への衝動(物質世界での経験への豊かな好奇心と喜び)
●Sticky Monkeyflower(オレンジ)
肉体的な触れ合い、親密さの性的衝動
●Scarlet Monkeyflower(赤)
深く激しい感情表現への衝動

無意識に抑圧したこれらの衝動(憧れ)を外界に投影するのではなくて、恐れを越えてその衝動に自己を開くとき、わたしたちは憧れや情熱を生きることができるのではないでしょうか。

ミムルス

第2回:パート2「植物との交流と心の庭」

植物を観察すること、植物と交流を持つとは、いったいどういう経験なのかということを実際の例にあげてお話します。

その例は、ツユクサ(露草)の植物観察・植物研究です。

私たちと植物との交流が起こるとき、植物と私たちの間に起こっているのは、心の庭に眠る種子が目覚めること、心の庭の植物の緑が豊かになることです。

フラワーエッセンスを通して植物と交流をもつことの可能性や喜び、楽しみをお伝えします。

「ツユクサが語ってくれたこと」

いのちをうるおす露に満たされて
わたしたちは朝を待ちます

輝く露を揺らす、かすかな風に
わたしたちは朝を感じます

朝の足音を聞きながら
折りたたまれた空の青を
ゆっくり開いてゆきます

あなたは思い出すことができますか
あなたの中に折りたたんで仕舞われた
空の青を

あなたは思い出すことができますか
あなたの胸に包まれて仕舞われている
青い翼のことを

その生きた翼は変化することをためらいません

わたしたちの葉に残る露が消えて
青い花弁が融け去っても
透明な輝きに満ちた青を
わたしたちはあなたの中に見ることができます

いつでもあなたが求めれば
求めることをあなた自身に許すことができれば

開くことのできる青い翼
つながることのできる空の青

どうぞわたしたちと一緒に
あなたの中にしまわれた青い翼を
思い出してください

DSC_004316

第3回:パート3「フラワーエッセンスを自然の巡りに位置づける」

フラワーエッセンスに含まれている自然の神聖な力を最大限に受け取るためにできることは・・・

フラワーエッセンスを作る過程と使う過程は本来一つの過程です。フラワーエッセンスを通して植物と交流をもつことはフラワーエッセンスを自然の巡りに戻すことでもあります。

困難な状況をただ困難な状況としてだけでなく、自分の新しい可能性が目覚める機会として生かすために、フラワーエッセンスの力、植物の力を借りることができます。

植物との交流は普段も起こっていて、私たちの心の庭を育ててくれているのではないでしょうか。
その例としてセッションの事例の一部をご紹介します。 (スミレの花の事例)

自然との関係は3.11以降私たちが問われている大きな問いの一つです。これまで自然と人間の関係は人間が自然をコントロールする、利用するという関係です。

フラワーエッセンスを通して植物との交流を経験する人が一人ずつ増えていけば自然と人間の新しい関係が生まれてきます。その新しい関係は植物にとっても人間にとっても喜びであると思います。

sakura_20120218_1

【時間】 各50~60分間

【講師】 高原大輔(フラワーエッセンス療法学会会長)
フラワーエッセンス&ハンズオンヒーリング Seeds of Angelica 主宰

【受講費】 各回2,500円(パート1、2、3同時申込は7,000円)

【お申込み】
以下の申込フォームからお申込みください。自動返信メールが届きますので、内容にしたがって手続きをすすめてください。自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーなどをご確認の上、事務局(webseminar@afet.jp)へお問い合わせください。

ウェブ講座申込フォーム

Share