Association for Flower Essence Therapy

ウェブ講座「フラワーエッセンスで人を支えること」全3回

Share

* インターネットに接続できれば、いつでもどこにいても受けることができます

この講座は、3つのパートに分かれていて、各約60分です。
録音ファイル+資料ページから受講できます。

サクラ

フラワーエッセンスに支えられた経験をもつ人が、「フラワーエッセンスで誰かのために役立ちたい」と思うことは自然なことだと思います。

その思いから家族や友人など身近な人に、フラワーエッセンスを薦めたいと思う方もいるでしょうし、プラクティショナーとして活動したいと思う方もいるかもしれません。

このウェブ講座は、フラワーエッセンスでどのように人を支えることができるか、その際どんなことに注意すればよいかを取り上げます。「フラワーエッセンスで人を支えること」を改めて考えていただく機会になればと思います。

第1回は、身近な人のためにフラワーエッセンスを使うことから、プラクティショナーとして人を支えることまで、概論的に全体をカバーします。第2回は身近な人のためにフラワーエッセンスを使うことを、第3回はプラクティショナーとしてフラワーエッセンスを使うことをテーマにして、さらに掘り下げていきます。

第1回の講座を聴いた方は、興味をひかれる点や、疑問点などをメールでフィードバックしていただくことができます。第2回、第3回のウェブ講座はそうしたフィードバックをできるだけ生かして組み立てていく予定です。

◆会員の方だけでなく、どなたでも受講できます

◆ウェブ講座への質問、感想などはメールで受付けます

◆3回全受講+レポート提出で、認定プラクティショナーのカテゴリー(1)の1単位となります

【内容】
フラワーエッセンスで人を支えること(1)

  1. フラワーエッセンスを人のために使いたいと思うとき
  2. 身近な人のために選ぶことの難しさとその理由
    ・家族や親しい友人などにフラワーエッセンスを勧めるときの注意点について
    ・プラクティショナー的な態度と二重の関係性について
    ・本人の自由な意思を尊重することと機会をつくること
    ・フラワーエッセンスを「手渡す人」の役割
  3. 仕事としてフラワーエッセンスで人を支える
    ・善意が人を傷つけることがある
    ・プラクティショナーの仕事
    ・フラワーエッセンスを理解する/人を理解する…選ぶのを手助けする
    ・再認識や再構築のための場(器)として機能する
  4. 器を安定させるための努力
    療法の限界、技能の限界を認識する
    ・物理的な枠組み(場所・時間・料金・守秘義務など)を設定する
    ・転移・逆転移などの心理について理解し、サポートを得られるようにしておく
    ・花(植物)、自然との関係を築き深める
  5. フラワーエッセンスを通して自分が経験したことが伝わる
    ・フラワーエッセンスや花との関係を深めることに終わりはない

(2)身近な人を支える

・身近な人を支える
・関係性とバウンダリー
・フラワーエッセンスに触れる場を提供する
・家族でフラワーエッセンスを使う
子どもとともにフラワーエッセンスを選ぶ
子どもやペットのために使えるバックエッセンス

(3)プラクティショナーとして人を支える

・プラクティショナーとしての仕事
・セッションの関係性と転移・逆転移
・転移・逆転移の実例
・セッションを丹念に検討する
・自然との交流

【時間】 各回 60分
録音ファイルをmp3ファイルでダウンロードして好きなときに聞くことができます。
ただし受講される方の個人使用に限られます。

【講師】 高原大輔(フラワーエッセンス療法学会会長)
フラワーエッセンス&ハンズオンヒーリング-Seeds of Angelica主宰
フラワーエッセンス療法家(School of Healing Arts and Sciences 認定)
ハンズオンヒーラー(School of Healing Arts and Sciences ハンズオンヒーリング科卒)

【受講費】 各回 2,500円

【お申込み】
以下の申込フォームからお申込みください。自動返信メールが届きますので、内容にしたがって手続きをすすめてください。自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーなどをご確認の上、事務局(webseminar@afet.jp)へお問い合わせください。

ウェブ講座申込フォーム

 

 

Share