Association for Flower Essence Therapy

ヒメワスレナグサ

Share

こんにちは。Takaharaです。

野や山でたくさんの花たちに出会うことのできる季節になりました。よく見ないと見過ごしてしまいそうな花たちもあります。キュウリグサという花をご存知ですか?ワスレナグサに似たとても小さいな花で、花の直径は2~3 mmです。今、田の畔や道端などにたくさん咲いています。とても美しい空色をした花です。

キュウリグサという名前の由来は、葉を揉むとキュウリの匂いがするからというのですが、試してみても?って感じです。

「西の魔女は死んだ」(梨木香歩著)の中で、この花は「ヒメワスレナグサ」と呼ばれ、物語の中で重要な役割を果たしています。同じように物語の中で花がとても重要な役割をはたしていることがありますね。

副会長の堤さんに教えてもらって知ったのですが、「秘密の花園」(フランシス・ホジソン・バーネット著)で重要な意味をもって登場する「ワスレナグサ」。ぜひ、堤さんが書かれた記事「秘密の花園~光の再生」を一度読んでみてください。

これはFESのフォーゲットミーノットのテーマと重なりますね。内的な癒しと現実面の重なり合いは、必ずしもフラワーエッセンスでなくても、植物に出会い、響き合うことを通して起こってくることなんだと思います。

ヒメワスレナグサ、出会ったらよろしく言ってください(笑)

キュウリグサ(2015/5/1)

キュウリグサ(2015/5/1)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です